Buyer's Voice | BUYMAで稼ぐ道のり

BUYMAのコンサルを受けながらバイマで稼ぐ道のりを公開するブログ

BUYMA(バイマ)での幸福感 幸せな瞬間

久々にBUYMA(バイマ)をやっててよかったな〜と思える

お取引に遭遇しました。

 

私はBUYMA(バイマ)でのこの幸福感を感じる幸せな瞬間がとても大好きです。

 

ときにはムカつくお客様もいますが

そんな人ばかりではありません。

 

今回のお取引のように

とっても気持ちの良いお取引と遭遇することができるのは

BUYMA(バイマ)ならではないでしょうか。

 

 

 

ハイブランドの高い商品を買ってくださるお客様のすばらしい人格に

触れることができ、私まで幸せな気持ちになりました。

 

今回 お届けしたバッグを

鏡で写しながらうっとりしています笑笑

 

というとても気に入って頂けた嬉しいメッセージを頂き

私はこの感覚を味わうために

BUYMA(バイマ)をやっているのだと改めて実感しました。

 

他のビジネスでは感じたことのない

とても幸せな感覚。

 

この幸せな幸福感をもっともっと味わいたい。

 

 

 

 

昨日の夜中も高額商品が

 

すべてが流れの中で、まるでお膳立てされたかのように

トントン拍子で取引が成立。

 

どこも完売で探し回られていたお客様。

 

高額なお値段の提示にも快く承諾してくださり

即受注。

 

なんの問題もなく展開していくお取引。

 

 

BUYMA(バイマ)を始めるまでは知らなかった

富裕層の世界。

 

 

 

他のバイヤーさんと競争してどちらが稼げたと一喜一憂するのではなく

私はこういう幸せな感覚を味わうためにバイヤーをやっているんだと実感。

 

 

ただ1つ思うのは

この感覚を教えてくれたのは間違いなくコンサルの先生。

 

私一人では高額な案件を扱うことすら怖くて出来なかった。

 

 

今の私があるのはコンサルの先生のおかげ。

 

コンサルを卒業してからも

ちょこちょこチャットワークから連絡を取り合ってる。

 

先生 いつもありがとう〜☆

 

あ〜、とっても幸せです。

 

 

そういえば思い出しましたが

1人目のコンサルの先生には

私にはまだ無理だ

と言われたブランドでした。

 

2人目の先生には 

全然だいじょうぶ むしろ取り扱ってください

と始めての対面のときに言われました。

 

手法の違いかもしれませんが

あのとき 諦めていたら

今 この幸せを味わうことはできなかったんだと思うと

諦らめなくてよかったなと・・・

 

出品商品に関するご連絡というBUYMAからのレシート提出要請のシーズンが来た

去年もそうでしたが

マフラーなどBUYMAからレシートの提出を求められるメールが届きました。

 

出品商品に関するご連絡というBUYMAからのメールには注意してくださいね。

 

期限までに提出しないとアカウント停止になるリスクがあります。

 

 

私はすぐメールに返信して

次の日にOKの返事が来ましたが

事務局で停止中にしたのに

 

現在出品停止中になっている商品につきましては、出品内容のご確認の上
ご自身で出品中に変更してください。」

 

ご自身で変更してくださいだって。。。笑

 

え〜〜、勝手に停止にしたんだから

OKなら元に戻してよ〜という感じ。

 

と言っても事務局には逆らえず 笑

 

とりあえずレシート提出要請は無事にクリアーしました。

 

 

 

輸入申告手続中 長かった通関手続き

輸入申告手続中の表示がでてから

長かった通関手続きがようやく終わり

もうすぐお客様のお手元にお届けできます。

 

日本に到着してから13日間 通関手続きに時間が要しました。

 

ハガキの場合はバイヤーが変わってレシートをFAXしたり

できるのですが今回の輸入申告手続中は書面にて

いろいろ手続きがありました。

 

納税してからでないと発送してくれないという・・・

 

バイヤー側は何もお手伝いができず

ひたすら追跡を眺めて待つばかり・・・

 

幸い快くお客様が手続きをしてくださり

スムーズに書面の提出ができましたが

それでも10日以上かかってしまいました。

 

f:id:kandoramaniades:20181013161635p:plain

 

あとは到着通知を待つばかり・・・

 

あとから送った人の荷物が先に到着しており

関税もスルー。

 

ほんとこればかりは運としか言えないですね。

 

 

BUYMAのムカつくお客さんに遭遇!キャンセルか?取引強行か?

先日 超レアな商品をお買い上げになられたお客様

 

受注のお礼のメッセージを差し上げたところ

エライお怒りのメッセージが返ってきました。

 

どうやらバイヤーの手元に在庫があると思っていたらしく

無いなら話が違うのでキャンセルと一点張り。

 

BUYMAを知らないからしょうがないと

システムについてご説明しても

納得せず。

 

一方的な取り消しを要求してくる。

 

 

 

 

困ったな〜と一応 BUYMA事務局にも相談したものの

個人間で話してくれとのこと。

 

まあそりゃそうですよね。

別に仲介してもらおうと思ったわけではなく

この取引の経緯をみておいてほしかっただけなのです。

 

 

 

決済も完了して買い付けさんの手元にある状態なので

出品者保護ということで

キャンセルは受け付けなくてもいいそうですが

 

おそらくこの人 関税も払わないだろうし

荷物の受け取りを拒否しそうな勢い。

絶対悪い評価を付けるに決まってるし。

 

 

 

で、どんな人なのかと

名前と住所で検索してみました。

 

 

グーグルのストリートビューでチェックしたら

 

 

 

 

すると・・・

 

 

 

 

 

かなりの古びたアパート

 

 

まあ、ストリートビューのあと、建て替えられたとかも

ありえるのですが・・・

 

 

 

 

 

この取引をキャンセルにして在庫にするか

このお客さんとの取引を強行するか・・・

 

 

どっちのリスクを取ろうかと、いろいろ悩みましたが

お客様の暴言が続くかと思うとストレスで

これ以上付き合う必要もないかなと判断し

お客様都合でキャンセルしちゃいました。

 

それでも捨て台詞で「精神的苦痛大」だという

メッセージが来ましたが。

 

こっちのセリフじゃ!と思いつつ

きっぱりご縁を切りました。

 

お客様を制限者リストに登録して

さようならです。

 

メルカリでいうブロックですね。

 

 

やっぱり気持ちの良いお取引が一番ですね。

 

ストレスがなくなったので

落ち着いて

この在庫をどうするか

BUYMAの中で検索していると・・・

 

 

 

私はなんと相場より10万も安く販売していたみたい。

 

そりゃレアな商品だから高くても売れるよねと

早速10万アップで即発可能で出品し直しました。

 

これで売れたら結果オーライですね。

楽しみ楽しみ。

 

すぐには売れそうにないかもだけど

問い合わせはたくさん入ってる商品なので

しばらく寝かせておきます。

 

 

めったにないけど

ムカつくお客様でした。

またもや荷物が行方不明

先日 フランスに送ったこの荷物↓↓↓

buyers.hateblo.jp

 

10日にお届け済みになっているのに

外注さん 曰くまだ届いてないという・・・

 

f:id:kandoramaniades:20180911224108p:plain

 

 

ちゃんと東京から飛行機に乗って

フランスで関税のチェックを受けてます。

 

どうやら関税で開けられたみたいですが 笑

 

100均で買った「おかき」なのに

怪しく思われたのでしょうか? 笑

 

本日 11日現在 まだ本人には届いておらず

現地の郵便局に届けを出しに行ってもらってます。

 

誰かが受け取ってくれたのかも?と

管理人さんやご近所さんにも聞いてもらったのですが

見つからず・・・

 

一体 どこへ行ったのやら。。。

 

今回は受け取りのサインを見てもらえば

誰が受け取ったか わかるような気もするのですが。。。

 

 

さてと出てくるでしょうか?

 

またフランス珍道中をお届けしますね。笑

 

しかし 5日で届いてるので

フランスも近くなったものですね。

 

 荷物が行方不明のときにすることは?

 

今回はBUYMAの商品ではなく外注さんへの贈り物でしたので

慌てないですが、買い付けた商品だったら焦りますよね。

 

行方不明になったときにすることの手順を書いておきますね。

 

まず発送側(今回は日本)の郵便局に電話する

今回はEMSの伝票に問い合わせ先の電話番号が記載されてました。

 

受取人側へどんな荷物か 発送伝票の控え 追跡番号を伝える

いつもなら梱包時の箱の写メを撮ってるのですが

今回はプライベートな荷物で「おかき」だったので油断して写メしませんでした。

写メがあると探すときにもわかりやすいですよね。

BUYMAの商品発送のときは必ず写メを撮ってます。

BUYMAの事務局にも相談?報告しておきます。

 

受取人側の郵便局に紛失届を出してもらう←今 ここ

 

それでもみつからなければ

発送側から荷物の捜索依頼を出す

(こちらはかなり時間がかかりほとんど見つからないようです)

郵便局の人曰く

「私が取りました」と手を挙げる人はいないだろうとのこと。笑

 

また後日談をお届けしますね。